ちょっと知りたい住まいのアイデア

ウォークインクローゼット

大容量収納を有効活用するための仕組みとは?

ウォークインクローゼットと聞くと、どんな収納をイメージしますか?
お洒落で大容量のイメージから、漠然とした憧れがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「ウォークイン」と言うからには、人が中に入れるだけの大きな収納を指すのが一般的です。
人が入るとなるとある程度のスペースが必要となるので、小さなウォークインクローゼットだと2帖くらいから、
広いものではウォークインクローゼットの中で着替えができるほど広く、
衣装部屋のような広さが確保されているものまで様々です。

部屋が散らかる原因のひとつ、衣類。
そんな衣類を大容量でパワフルに収納してくれるのがウォークインクローゼットです。

散らかりやすい衣類をたくさん収納できるというだけでなく、
スーツケースや季節品といった荷物や小物もまとめてウォークインクローゼットにしまうことから、
管理しやすくするというメリットもあります。

また、帽子やカバンも一緒にしまうことで、身支度がすべて完了するので
トータルコーディネートを考えることができるのも大きなメリットですね。

ウォークインクローゼットが本来の機能を発揮するためにはきちんと整理する必要があります。
いかにたくさん詰め込むかより、衣類をしまいやすく取り出しやすくするにはどうしたらいいか、
ということに重点をおいて整理すると、ウォークインクローゼットをより活用できるのではと思います。

ですが、ウォークインクローゼットと一口に言っても、その形状や大きさはさまざま。
どのようなものが自分に合っているかわからない…という方もいらっしゃるのでは。

収納するものや量、使う頻度などによって、
どの部屋にどのくらいの大きさのウォークインクローゼットがあるべきか?は変わってきますが
ここではウォークインクローゼットの「中身」についてお話したいと思います。

ウォークインクローゼットの中には、服がかけられるハンガーパイプや、
カバンや小物が置けるような棚が設けられているものが多く見られます。
棚やパイプも、高さや横幅、奥行きは様々なものがあります。
どんな中身にすれば使いやすいウォークインクローゼットになるのでしょうか?

ハンガーパイプ+上部に枕棚
服をたくさんかけるならこのタイプ。通常のクローゼットなどによくある形です。
パイプ上部はスペースが余りがちなので、枕棚と呼ばれる高い位置にある棚を設けて、カバンや帽子の置き場所に。
服が選びやすく、取り出しやすくしまいやすいですが、服をかける以外の用途には使いづらいのが難点です。


奥行きのある棚を設ければ、押入れのように布団や家電などを入れることができたり、
衣装ケースや引出しを使って自由に収納できたりします。
奥行きがしっかりあれば収納力が増えますが、ありすぎると取り出しにくくなりますので注意が必要です。

なにもつけない
あえて棚やパイプをつけず、納戸のようにタンスや棚などの家具を置いたりして自由に使うこともできます。
家族構成や持ち物の変化に柔軟に対応できますが、造り付けの棚やパイプと比べると耐荷重や丈夫さに欠けたり、
ジャストサイズの家具を探すのが難しかったりすることも。

複数組み合わせる
広さに余裕がある場合は、複数組み合わせるとより便利な収納に。
パイプ部分と棚部分があれば、パイプには洋服をかけ、枕棚に小物を置き、棚には大型のものをしまうことができます。
何もない面にはカラーBOXやタンスを置くこともできますね。

レグラ藤井寺ウォークインクローゼット施工例写真
レグラ藤井寺ウォークインクローゼット施工例まどり

柔軟な使い方ができる「ウォークインクローゼット」。
せっかくの広さを活かしきれるよう、しまうものに合わせた使い方ができると便利になりますね。