ちょっと知りたい住まいのアイデア

おうちの収納について

目指せスッキリハウス

綺麗に片付いたお部屋で毎日を過ごせたら…と憧れる方も多いのでは。
スッキリとした部屋にするために欠かせないのが「収納」。
今回は、そんな「収納」についてお話します。

どれくらい収納があればスッキリするのか
家族構成や生活スタイルによって、家の中の持ち物や量は人それぞれ。
ひとくちに「このくらいの量の収納があれば安心!」と言うのは難しいでしょう。

また「とにかくたくさんの収納があればいい」という訳でもありません。
収納は量だけではなく、必要な場所に必要な分だけあるのが理想です。

収納が少なすぎる・必要な場所にない場合は、
部屋に物が溢れたり、納まりきらないもののために家具や棚を追加することになったりして
結果的に部屋が狭くなってしまいます。

かと言って大きすぎる収納があっても、
奥のものが取り出しにくかったり、収納空間を広く取り過ぎて部屋が狭くなったりします。

また、家中のものがしまえる大きな収納が1つあったとしても、
物を取りに行ったりしまいに行ったりするのが大変で効率が悪くなります。

おうちの中の各スペースで、それぞれ何をするのか、何を使うのかによって何をしまうのかが決まり、
何をどれだけしまうのかによって収納の幅や奥行き、容量、必要な高さなどが変わってきます。

では、どのようにすればよいのでしょうか?

部屋を基準に考える
この部屋で何をするのか?その時に必要なものは何か?を考えてみましょう。
その部屋でしか使わない、というものがあれば、使う場所にしまうべきですね。

たとえば…

・玄関
靴やベビーカーなど、家の中に持ち込まないものを収納できる「土間収納」があれば便利です。
アウトドアが趣味の方は、アウトドアグッズを収納できるように広くするのもいいですね。
玄関が狭い、と言う方は、外部物置を利用するのも手です。

土間収納
土間収納

・和室
和室をどのように使うのか?によって収納が変わります。
客間として使うなら、座布団くらいは収納できたほうがいいですし、来客用の布団を入れたりするならば、それなりの奥行きが必要です。
お子様のおもちゃスペースにするなら、あまり奥行きの深い収納はかえって使いにくいことも。

・洗面室
タオルや洗剤、ドライヤーなどを収納したい洗面室には、棚付きの収納があれば便利です。
お風呂上りの着替えを置くスペースなどもあればいいですね。

洗面収納
洗面収納

・リビング
家族が集まるリビングは、過ごす時間が多い分、物がたくさん集まってくるところです。
また、家族みんなの共有物や、お掃除用具をしまっておきたいところでもあります。
本やDVDなどはオープンタイプの棚などを活用するのもいいですね。
掃除機などの大きいものを収納する場合は、ある程度の高さや奥行きが必要になってきます。
最近の掃除機は充電タイプも増えていますので、収納の中にコンセントがあれば充電しながらしまえるのでスッキリ片付きそうです。

・トイレ
トイレットペーパーのストックや洗剤、掃除用具などがトイレの中にあれば便利ですよね。
収納、というほど大きくなくても、邪魔にならない程度の小さな棚が欲しいところです。

トイレ収納
トイレ収納

・キッチン
調理器具、食品、ストックなど、必要なものが多いキッチン。
奥行きの浅い収納があれば、ストックが埋もれてしまうこともなく活用できます。

キッチン収納についてはこちらでもお話しています。
https://exhome.jp/sumaiidea/82.html

持ち物を基準に考える
これを使うのはいつか?どこで使うのか?を考えてみましょう。
使う時の動線を考えて、使いはじめや使い終わりの場所にしまうとスムーズに片付きます。

たとえば…

・スーツケース
ウォークインクローゼットや、衣服のクローゼット下部分を利用し、衣服と一緒に収納?
衣服を2階の寝室に収納している場合は、2階までスーツケースを持って行くことになります。
スーツケースは、家の中ではなく外で使うものなので、1階の玄関近くに置いておいたほうがスムーズなことも。
コートや帽子も同じ理由で、寝室の衣服とは別にして、玄関近くに収納する事を考えてみるのもいいかもしれません。

玄関収納
玄関収納

・ハンガー、洗濯ばさみ
洗面室で洗濯をして、ハンガーにセットしてからバルコニーに運ぶのであれば、洗面室に。
洗濯物は一旦洗濯カゴに入れてまとめて運び、バルコニーでハンガーをセットするのであれば、バルコニー近くに。
基本的に部屋干しなら、室内干しセットとしてまとめておくのもいいですね。

こちらで挙げるものは一例なので、各家庭によって違うと思いますが、
部屋ごと・持ち物ごとに考えてみれば、快適な収納空間ができるはずです。
その部屋で何をするのか?そのために必要なものがどれくらいあるのか?
または、それをどこで使うのか?を考えてみましょう。

現在や将来の持ち物を考え、必要な収納量を考えるのも大事ですが、
量だけではなく、実際の生活をイメージして、
どこで何をするか・何をどこで使うか・どうすれば使いやすくしまいやすいかを
基準に収納を考えてみましょう。