ちょっと知りたい住まいのアイデア

お家でできる熱中症対策

猛暑をのりきろう!

連日猛暑が続いており、ちょっと歩いただけで汗まみれになってしまいますね。
信じられないような気温が天気予報に並ぶ毎日ですので、体調管理には十分注意が必要です。

家の中でも熱中症になる?

いくら外が暑いと言っても私は家の中にいるから大丈夫…と油断していませんか?
熱中症は家の中でも起こす可能性があります。
こまめな水分補給と、温度管理をして熱中症を防ぎましょう!

お家でできる熱中症対策

・日差しを遮る工夫をする
部屋に強い日差しが直接入ってくると、室内の温度が高くなってしまいます。
すだれや植物を利用して、強い日差しを遮る工夫をしましょう。
遮光やUVカット機能のあるカーテンやレースカーテンを使うのも効果的です。

・部屋の風通しを良くする
室内に熱い空気や湿気がこもらないようにするためには、風通しを良くすることが効果的です。
朝や夜は、比較的外気が涼しくなります。建物の両側の窓(南側と北側など)の窓を開放すれば、
建物の中に風の通り道ができます。
熱い空気は高いところに上る傾向があるので、
できるだけ高い位置の窓から空気を外に逃がすようにすると良いでしょう。

・こまめに水分を摂る
室温を快適に保つと喉の渇きに気づきにくくなります。
喉が渇いていないからと水分を飲まないと、脱水になりやすく、熱中症を引き起こす要因になります。
また、一気にがぶ飲みするのではなく、日頃からこまめに水分を摂る習慣をつけましょう。
キュウリやスイカなど、水分を多く含む食材を普段の食事に取り入れるのも良いですね。
寝ている間にも脱水症状になることがあるので、寝る前・起きたときにも水分補給を忘れずに。

・寝る前にアルコールを飲まない
アルコールには利尿作用があり、水分不足から熱中症になる場合があります。
寝る前にアルコールを飲むのはなるべく控え、どうしても飲みたい場合は水分補給を忘れないようにしましょう。

・扇風機やエアコンを利用する
節電のためか、暑いと思ってもエアコンをつけない人がいます。
「まだ大丈夫」と我慢しすぎずに、あまりにも暑い日は扇風機やエアコンを利用することが熱中症予防につながります。
むやみにつけっぱなしにするのではなく、温度を調節して上手く利用しましょう。室温の目安は、28度です。
この「28度」はエアコンの設定温度ではなく、室温ですので要注意。エアコンだけではなく、
扇風機やサーキュレーターを併用して部屋全体の室温を効率よく下げられるようにすると、節電にもつながります。

また、2×4工法などの高気密・高断熱住宅なら、少ない電力でお部屋を効率的に冷やすことができるので
消費電力や電気代を抑えることができます。

富士エクセルホームも2×4工法を標準採用しています。
https://exhome.jp/welcome/sekou.html

水分の摂りすぎが熱中症を悪化させる!?


水分補給はしていたはずなのに熱中症になったり、水分補給が逆に症状を悪化させたりすることもある?

高温多湿の屋内外で30分を超える長時間の労働やスポーツなどにより汗を大量にかくと、
体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。
そこに水分補給だけを行うと、
血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症の症状が出現します。

つまり、水分だけを補給することがかえって、熱中症の発症へとつながったり、悪化させたりすることもあるのです。
熱中症が疑われるときや汗をたっぷりかいたときは、ただ水分を補給するのではなく、
塩分も一緒に補給することが重要です。自分で手軽に作れる食塩水もよいでしょう。

目安として、1リットルの水に対して1~2g の食塩を加えます。
さらに、長時間のスポーツなどで失われた糖分を補い、エネルギーを補給するために砂糖などを加えると、
水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復にもつながるのでより効果的です。
手早く塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンクなどによる水分補給もおすすめです。
ただし、カフェインの入った飲み物は利尿作用が強くなるので避けましょう。


まだまだ暑い日が続きます。
体調管理に気を付けて、楽しい夏を過ごしましょう!