ちょっと知りたい住まいのアイデア

キッチン収納

スッキリしたオシャレなキッチンを目指して

お家の中でも、キッチンは物が溢れがちなのではないでしょうか。
家電とひとくちに言っても、オーブン、トースター、レンジ、炊飯器、湯沸しケトル、ホットプレート、コーヒーメーカー、ジューサー、、、などなど。食器も人数分、食料品のストックもあるし、お鍋やフライパン、ゴミ箱やゴミ袋も…
必要なものが多いので、たくさんの収納スペースを確保することはもちろん、日々のお料理が少しでもスムーズになるように、しまいやすく取り出しやすい収納が必要です。
今回は、そんな「キッチン収納」についてご紹介します。

カップボード
カップボードとは、キッチンで食器や電化製品を収納するための棚の事を言います。
最近では食器棚と家電収納を併せ持ったものが多く見られます。

カップボードには、据え置きタイプと造り付けタイプがあります。

据え置きタイプというのは、いわゆる食器棚のような置くだけの家具タイプ。メリットとしては、造り付けタイプに比べて安い価格での購入が可能であり、設置に関してもある程度簡単に行う事が可能であることです。移動ができるため、引越しや模様替え、買い替えが容易であることもメリットですね。
反対にデメリットとしては、補強が十分にされていない場合、地震での転倒が危惧されることなどが挙げられます。食器や家電をしまうものなので、転倒した際の被害は大きいので転倒対策についてはしっかり考えておいた方がいいですね。


造り付けタイプ/カウンター+吊戸棚 造り付けタイプ/カウンター+吊戸棚

造り付けタイプは、まずはその見た目の美しさが挙げられます。天井や壁との接面も隙間なく仕上がりますし、キッチンとメーカーを揃えることで、扉の色や材質を合わせることができます。また、床・壁に固定するので耐震性にも優れています。
デメリットとしては、据置タイプと比べると価格が高いという事と、設置時に工事が必要になるということなどがあります。

また、形も様々です。
腰までのカウンタータイプや、吊戸棚、天井までのトールタイプなど複数の形を組み合わせることができるものもあります。
引出タイプや扉タイプ、オープンタイプなど、挙げればきりがないほど種類があります。炊飯器などの家電収納用にスライド式の棚があったり、分別ゴミ箱を入れるスペースがあったり…。
どんな大きさの家電を収納するのか、食器の量はどれくらいかなど、使い方や収納するもの、設置スペースにあわせて最適なものを選びましょう。


パントリー
最近のお家では増えてきている「パントリー」。
パントリーとは、キッチンの中やキッチンに隣接する位置に設置される、主に食品や飲み物を収納しておくスペースのことを指します。
お米や買い置きの飲み物など、食料品のストックを収納しておくことができるので週末にまとめて買い出しをした場合などに便利に活用できます。

たっぷり収納できるウォークインタイプのパントリーもありますが、それほどスペースが取れない場合は奥行きの浅いものでも十分収納力が確保できます。パントリーには細かいものを収納することが多いので、奥行きの浅い棚があれば取り出しやすい収納が可能です。棚の高さを自由に変えられるとなおよいですね。


奥行きの浅い棚付きのパントリー 奥行きの浅い棚付きのバントリー

カウンター収納
近年人気の対面キッチン。
そのカウンター部分を利用した収納があります。

カウンターの奥行きを利用し、その下に収納を。ぴったりはまる家具を置くのもいいですが、造り付けのものもあります。扉をつけて、ダイニングまわりのこまごまとしたものを収納したり、オープン棚にして飾り棚にしたりと、こちらも使い方はさまざま。
リビングやダイニングから見える場所だからこそ、スッキリとした見た目にしたいですね。


オープンタイプのカウンター収納 オープンタイプのカウンター収納



お家の間取や、収納したいものに合わせて、うまく収納を組み合わせてスッキリしたオシャレなキッチンを目指しましょう!