ちょっと知りたい住まいのアイデア

さまざまな種類の「照明」

お部屋の明かり選びのポイント

照明とひとくちに言っても、その形や用途はさまざま。今回は、照明を選ぶポイントについてお話します。

シーリングライト
シーリングライトとは、天井に直接くっつけるタイプの照明のことで、お部屋全体を広範囲に照らすことができます。広いリビングを1つの照明でまかないたい時などに、ぴったりの照明です。
また、まんべんなくお部屋全体を均等に照らし、ふわっと優しい空間に仕上げてくれるのもシーリングライトのメリットです。
リモコンなどで比較的簡単に調光できるタイプが多く便利なので、寝室などに使うのもよいですね。


シーリングライト
シーリングライト施工例

ペンダントライト
コードやチェーンによって、吊り下げるタイプの照明をペンダントライトと言い、お部屋のアクセントになるタイプの照明です。
ペンダントライトは、天井から吊り下げる為、照明の位置がシーリングより低くなり、光の広がる範囲はシーリングより狭くなります。
しかし、照明までの距離が近いため、シーリングライトではできない強い光で室内を照らす事ができます。
シーリングライトが均一に室内を照らすのに対し、ペンダントライトは明暗がはっきりするコントラストの強い光が特徴です。
また、照明を吊るす事によって、インテリアのアクセントになるのがペンダントライトの魅力のひとつ。ペンダントライトを吊るすだけで、お部屋の印象がグッと引き締まります。
お洒落なペンダントライトがたくさんありますので、お部屋の雰囲気にあわせて選ぶと良いでしょう。


ペンダントライト
ペンダントライト施工例

ダウンライト
天井に埋め込んで取り付ける小型の照明をダウンライトと言います。
天井に埋め込んで設置するため天井面がフラットになり、お部屋がスッキリ広く見えるのが特長です。
ダウンライトは真下を照らすものなので、サブとして使われることも。メインはシーリングやペンダントライト、サブとしてダウンライトが使われたりします。
もしダウンライトをメインで使いたい場合は、設置位置や数を良くチェックしておきましょう。


ダウンライト
ダウンライト+ペンダントライト施工例

間接照明
光を天井や壁に投射し、その反射光を利用するのが間接照明。
直接光が目に入らないのでまぶしくなく、反射する事によって光が柔らかくなり、雰囲気作りに役立ちます。ダウンライトと同様、サブの照明として使えばお部屋のアクセントになります。
まぶしくしたくない寝室などはメインの照明として使うと心が安らぎくつろげる空間になります。


間接照明
間接照明+ダウンライト施工例

照明は、1部屋に1つという決まりはありません。
お部屋に合わせて様々な照明を組み合わせ、素敵な空間づくりを目指しましょう。