ちょっと知りたい住まいのアイデア

アフターサービスについて

マイホームは完成が「ゴール」ではなく、むしろそこから生活が始まる「スタート」です。

長く住み続けるためにはアフターサービスが大切です。
お客様との信頼を築き、本当の意味での「安心の住まい」を提供するためには アフターサービスが欠かせないのです。

平成21年10月1日より、住宅瑕疵担保履行法が施行され、新築住宅を引き渡す建設業者および宅建業者(売主等)には瑕疵担保責任を確実に履行するために保険または供託による資力確保措置等が義務付けられています。

難しく聞こえるかもしれませんが、住宅に瑕疵(欠陥)が見つかった時に住宅会社は適切に対応する義務があり、瑕疵発覚時に万が一住宅会社が倒産していたとしても問題ないように保険等に加入しておく義務ができたのです。

住み始めてから雨漏り等の不具合が生じた場合には、売主(住宅会社)や施工会社が責任を持って修繕・補償してくれるという内容のものです。

この「10年保証」は、どの住宅会社も必須となっていますが、富士グループのアフターサービスはそれだけではありません。

10年保証

富士グループのアフターサービスについて

富士グループのアフターサービスは「10年後も安心できる家」をテーマに長く安心が続く工夫をしています。
住まいを購入して頂いたお客様のお家を10年間に渡って定期訪問を行っています。
専門家がチェックを行い家の老朽化やトラブルを早期発見することで、最小限のコストで住まいのメンテナンスができるように努めています。
その他に、お客様のアンケートなども実施することで、お客様の声を反映し、密着したアフターフォローでご家族の安全を守れるようにしています。

ただ保険に加入するだけではなく、定期的な訪問・メンテナンスをすることでプロの目により老朽化やトラブルを早期発見する事につながります。

また、定期訪問以外にも、なにか不明点や不便な点、問題が起きた場合はお電話いただければ対応致します。
引渡して終わりではなく、末永くお付き合いできるのが富士グループの強みです。

富士グループのアフターサービス
https://exhome.jp/welcome/afterfollow.html


さらに富士グループでは20年保証(オプション)も
富士グループがご提供する「安心20年の家」では入居後10年目に点検をおこない、現況確認検査の内容に応じたメンテナンス工事を行っていただくことで基礎・構造躯体などの長期保証部位についてお引渡よりトータル20年間の保証が可能です。

20年保証

詳しくはお問い合せください。
https://exhome.jp/contact/