ちょっと知りたい住まいのアイデア

マイホームを守るために

建てる前に知っておきたい保険のこと

マイホームを建てる際には、楽しい話ばかりではなく、ちょっと難しい話もたくさん出てきます。
今回は「建てる前に知っておきたい保険のこと」についてお話します。


火災保険
住宅ローンを利用する場合は、火災保険に加入することが必須になっています。

火災保険といえば、まず思い浮かぶのは「万が一火災が発生してしまった場合のため」ではないでしょうか。大切なマイホームを守るためですね。では、火災を起こさなければ不要なのか?と言うとそうではありません。近隣の家や店からの出火によって、自分の建物が燃えてしまった場合、普通なら火災の原因を作った人に自分の家の賠償をしてもらえるような気がしますが、実はそうではないのです。火災以外の場合なら、何らかの損害を与えた人が被害を被った人に対して損害賠償責任を負うのが当然のように思えますが、火災においては法律上、火災の原因をつくった人に重大な過失がない場合には、賠償責任を負わなくてもいいことになっているのです。これを失火責任法と言います。

また、火災保険が補償するのは火災の損害だけではありません。
台風や暴風、落雷、洪水、集中豪雨、土砂崩れなどの自然災害の他、泥棒に窓ガラスを割られたなどの盗難などにおいても、住まいに被害が発生した場合には補償対象となります。

火災保険

火災保険に付帯する事ができる家財保険にも加入していれば、床上浸水した際や窃盗被害にあった際に、家財道具の補償を受けることもできます。

このように、住まい全般に関わる被害を補償してくれるのが火災保険です。
火災保険は自動車保険のように等級と言う仕組みがないので、保険金を請求しても等級があがりません。
契約している火災保険の補償内容をよく確認して、いざという時に活用できるようにしておきましょう。


地震保険
万能に思える火災保険ですが、補償の対象外となっているのが、地震です。地震により住まいに被害が発生した場合は、火災保険では補償されません。地震によって引き起こされる津波等による水害も、火災保険の対象外です。これは火災においても同様で、地震があると火災が発生することがありますが、この火災による被害は、同じ火災でも火災保険の補償対象外なのです。

地震保険

地震を原因とする被害は全て「火災保険」の対象外であり「地震保険」によって補償されますので、火災保険だけではなく、地震保険にも加入しておくことをおすすめします。

ちなみに、地震保険は火災保険に付帯する形で加入するため、火災保険に入らずに地震保険だけに入ることはできません。

2×4工法
私たち富士エクセルホームが長年に渡って採用している、2×4(ツーバイフォー)工法は、 地震や台風、火災に強いため、保険料が割安になります。

https://exhome.jp/welcome/sekou.html

2×4工法

火災保険は建物の構造区分により3区分に分けられ、最も耐火性能の高い構造が共同住宅のM構造(マンション構造)、次がT構造(耐火構造)、最も低い構造がH構造(非耐火)になっています。
地震保険は2区分になり、耐火と非耐火に分かれます。耐火にはM構造とT構造とが含まれます。

富士エクセルホームの2×4工法住宅は「T構造(耐火構造)」に区分されていますので、一般の木造住宅よりも保険料が安くなります。

保険などの手続きは難しく感じますが、大切な住まいを守るためにも、補償内容や金額を確認して、自分の家に合った保険を選ぶとともに、内容を把握し、必要な時にきちんと使えるようにしておきたいものですね。