ちょっと知りたい住まいのアイデア

いろいろな窓

用途や性質を知って、最適な窓選びをしましょう

「窓」と言えば、どんな窓を想像しますか?
バルコニーに出られるような大きな窓?開けられない明かり取りのための窓?
縦長のもの、横長のもの、小さなもの、大きなものなど、大きさも形も、用途も様々な窓があります。
窓は、換気や採光、出入りといった用途があるのはもちろん、位置や形状によって外観のデザインや室内の印象、家具の配置などにも影響を及ぼします。
家の居心地や見た目を大きく左右する「窓」ですが間取図を見てどのような窓が使われているのか想像するのは難しいですよね。
今回は、様々な窓の種類と用途を、写真と図面を照らし合わせながら見ていきましょう。

掃出し窓

窓
窓

人が出入りできる大型の窓で、床と同じ高さから扉ほどの高さをもつ窓を指すことが一般的です。
バルコニーや庭への出入り口として使用されることが多いほか、通風や採光に優れているため、LDKなどで使用されることが多いです。
窓面積が広く、お部屋の印象を左右する大きな要因となります。

引き違い窓

窓
窓

住宅に多く取り入れられている窓です。
開ける幅を自由に調節できるため、風の強さや気温などに合わせて使うことができます。

スリット窓(FIXタイプ)

窓
窓

採光を目的とした、開かないタイプの細長い窓です。横型だけでなく縦型のものもあります。
プライバシーを守りながら採光が取れ、家具を配置する際に邪魔になりにくいのも特徴です。
目的は採光ですが、外観においても室内においてもデザイン性が高まるのもメリットです。

上げ下げ窓

窓
窓

二枚のガラスを並べた縦長の窓で、下側のガラスを上に引き上げて開けるタイプの窓です。
引き違い窓などに比べて横幅が狭いですが、しっかりと通風・採光が取れるため、
キッチンなどの狭い場所でも設置する事が出来ます。

内倒し窓

窓
窓

防犯性が高く、トイレやお風呂などに使われることが多い窓です。
内側に開く窓ですが、ストッパーなどで止められるため全開まで開かず、少しだけ開く状態になります。
そのため、窓を開けていても人が通れるほどの幅がないため、そこから侵入することは難しくなるため、
防犯性に優れています。


窓の形も用途も様々なので、お部屋の用途や形に合わせてぴったりの窓を選べると良いですね。
そのためにも、いろいろな窓の形やそれぞれの特長を知っておくと考えやすくなります。
また、間取から実際の窓のイメージがつかめると、間取を見る楽しみも増えますよ。