ちょっと知りたい住まいのアイデア

快適な洗面室で、日々をさわやかに!

使いやすくキレイな洗面室をつくるには

帰宅時にはうがい・手洗い、入浴後には体を拭いて髪を乾かし、就寝前には歯磨き、朝出かける前には再び歯を磨き顔を洗ってヘアスタイルを整え…。 ともすればリビングや寝室よりも使用頻度の高い場所となる洗面室。よく使う場所だからこそいつもきれいで使いやすい状態にしておきたいものです。

洗面収納を上手に使う

新しい住まいを購入する際、リビングや寝室の収納が充実したものをと考える方は多くおられますが、失念してしまいがちなのが洗面室。 他の居室に比べどうしても省スペースで物の置き場が限られる上に、洗濯・手洗い・歯磨き・入浴など用途が広く必要な生活用品が多いので雑然とした状態になりがちです。 これから新居を検討される方は、洗面室に置くもの・必要なものをイメージし自分たちの住まいに必要な収納の大きさを考えてみましょう。 少し広めのスペースをとってワゴン収納を置いてみるのも良いでしょうし、クローゼットや棚を作ってしまうのもいいと思います。

現状の住まいでも少しの工夫で使いやすさをぐんとあげる事も可能です。近年TVや雑誌などでも紹介され女性を中心に話題となっている100円ショップの便利グッズなどを組み合わせて使い部屋をキレイに整頓する“プチプラ収納”。 良く知られた簡単なものだと突っ張り棒やS字フックなどを組み合わせたタオル掛けや、書類ボックスなどを使ったストック入れなどなど。限られた空間でも考え方・アイデア次第で安く簡単に、使いやすく整理された場所に変えることが出来ます。


スムーズな生活動線を持った洗面室

収納とともに困る事が洗面室での生活動線です。朝出かける前に家族各々が身支度の為に洗面室に来てスペースが混雑してしまうというのはどの家庭でもよく見る光景です。 時間をずらし順番に、といったこともできるでしょうが、寝過ごしてしまったり食事やトイレに時間がかかり結局はバタバタと…なんてイレギュラーな出来事もよく見る光景だったりします。 玄関側とLDK側の両方から出入りできる設計の洗面室であれば、家族の動線が分散され混雑が軽減されます。

また、出入り口を二つ設けるメリットは他にもあり、

・料理をしながらLDK側の扉から洗面室に入り洗濯機を回したり
 入浴の準備をしたりと家事を並行して行える
・洗濯が終わり干しにいく際、LDK側から入り、洗濯物をとって
 玄関側から出て2階など干し場所へむかうことができる
・帰宅して玄関側の扉からお風呂へ直行、お風呂からあがったら
 LDK側の扉から出てそのままリビングでくつろげる

 など、生活の上でのムダな部屋の行き来を省くことができます。


スッキリと心地よい洗面室に

洗面室は浴室に面している上、洗面台では水を使用するため湿度が高くなりがち。湿気や結露、それに伴って発生するカビなどで室内が傷んでしまうことも。 洗面室・浴室の換気は常に行いましょう。浴室の換気扇の消費電力は20W前後です。1ヶ月間24時間つけたままにしておいたとしても20W × 24時間 × 30日 = 14400Wh。 1000Whを26円で計算すると1ヶ月で約370円です。また換気扇を回して換気をする時は、扉と窓を閉め密室にして行いましょう。
イメージ的に扉や窓をあけておいた方がよく換気されそうだと感じますが、閉め切っておいた方が空気の通り道が換気口ひとつになるため効果的に換気が行えます。
特に浴室は熱と水気を極力取っておくことが大事で、入浴後に浴室全体を冷水でさっと洗い流し結露取りワイパーなどで壁の水気をきっておくことが効果的です。
近年は各設備メーカーにおいて速乾性の高い材質やお手入れしやすい工夫が施された製品もたくさんあります。リフォームや住まいを新築する際は、色やデザインだけでなく材質や性能にもぜひ注目しましょう!