ちょっと知りたい住まいのアイデア

家の中の暑さ対策

夏を快適に過ごすコツ

日に日に気温が高くなり、暑い日が続きますね。
少しでも夏を快適に過ごせるよう、今回は家でできる暑さ対策をご紹介します。

風通しをよくする
暑さ対策の中でも、一番手っ取り早く効果を実感しやすいのが「風通しをよくすること」です。
無風のとき、扇風機を外に向けて回して対角の窓を開けると、部屋に風が入るようになります。
窓が1つしかない部屋なら、ドアを開放しておくなどして、2ヶ所以上の開口部を確保するのがポイント。
また、風が入る窓が大きく、出るほうの窓が小さいと部屋の中を通る風にスピードが出て、涼しさが増します。窓を開ける幅を工夫するとよいでしょう。


インテリアを夏仕様に
青系色は、赤系色にくらべると感覚的に3℃前後涼しく感じさせる効果があると言われています。
青色だけでなく、涼しげな滝や水を連想させる白やシルバー、透明感を感じさせるシースルー素材なども効果的です。

面積が大きく目につきやすいものなら、さらに涼感もアップします。カーテンやソファーカバー、座布団カバーなどなら、手軽に交換できるうえ、視認できる面積も大きいので、夏場は涼しげな色にチェンジしてみては。
また、カーテンは色だけでなく、遮熱・遮光タイプを選べば、心理的な効果だけでなく、温度上の効果も得られ、より一層涼しさを感じられます。

照明をLEDに変える
白熱灯の光は熱を発しています。LEDなら点灯中の紫外線や赤外線がきわめて少なく、照射面にふれても熱くならないという長所があります。

さらに、消費エネルギーが少なくて済むので、冷房費がかさみがちな夏に嬉しいというメリットもあるので夏に向けてこの機会にLED電球に変えてみるのもよいかもしれません。
1つ1つの価格は白熱灯に比べて高いので初期費用はかかりますが、寿命の長さや消費電力量を考えて長い目で見ればお得ですね。

植物
室内を涼しくするには、まず、なるべく温度を上げないこと。温度が上がる大きな要因は、窓から差し込む日光です。
日光を遮るために遮光カーテンをつけるのもよいですが、寝室ならいざ知らず、せっかく日当りのよいリビングを閉め切ってしまうのも考えものですね。
グリーンカーテンならば、日光を適度に遮りながら、葉の間から程よい光が部屋に入るうえ、見た目も涼しく暑さを和らげてくれます。


→グリーンカーテンをはじめとしたガーデニングが楽しめる庭付きの家はこちら

エアコンは効果的に活用
気温の高い日は無理せずエアコンを使うのも必要だと考えられています。
電気代がもったいないから…と我慢しすぎて熱中症になってしまっては元も子もありません。
ただ、エアコンを使う場合は効果的に活用できるよう一工夫してみましょう。

×・・・「エアコンつけるから扇風機は消そう」
エアコンをつけていると、涼しい空気は下に溜まり、暑い空気は上に溜まってしまいます。
扇風機を使って部屋の中の空気を循環させることで、エアコンの効率を高めることができるのです。
エアコンの風向きを水平に設定し、扇風機を天井に向けて回すと、エアコンから水平に出た冷たい風がゆっくりと下に降りてきたところを扇風機の風で上に向けて循環させることができ、効率的に室内の温度ムラをなくすことができます。顔や首などに冷気が届くことでが涼しく感じ、体感温度が下がります。
そうすることでエアコンの設定温度を上げることも可能になり、結果的にエアコンの電気代節約ができます。

×・・・「節電の為にこまめにつけたり消したりしよう」
涼しくなったらいったん消して、暑くなってきたらまたつけた方が節約になると思いがちですが、エアコンは最初に一気に冷やして、その後は微風で部屋の温度をキープするようにできています。
エアコンが一番電気を使うのは「冷やす」とき。こまめに消してしまうことで、部屋の温度がその都度上がり、冷やさなければならない回数が増えれば増えるほど、電気代も電力もたくさんかかってしまいます。

×・・・「節電の為にも風量は“弱”にしておこう」
エアコンは、自動運転にしておくと、部屋が冷えるまでは強風、その後は微風と1番効率のよい運転をしてくれます。
風量が弱すぎると、部屋が冷えるまで時間がかかり、余計な電気を使うことになります。

少しの工夫で無理なく省エネに取り組んで快適に夏を乗り切りましょう!
→さらに省エネを目指す方はこんな設備を採用するのも効果大ですよ。