ちょっと知りたい住まいのアイデア

高い天井で開放的な空間づくり

理想の天井の高さはどれくらい?

家を建てたらこんな間取にしたい、広さはこれくらい欲しいな…などなど
夢が広がる想像を膨らませてみた人も多いのではないでしょうか。 では、理想のお部屋を考えるときに、天井の高さについて考えてみたことはありますか?
同じ帖数の部屋でも、天井の高さによって、感じる広さに違いが生まれます。
今回は、そんな「天井の高さ」について考えてみましょう。

標準の高さはどれくらい?
日本では、住宅を設計する際に守らなければならない建築基準法というものがあり、天井の高さは210cm以上に設計するように定められています。
では、実際の平均的な天井高はどれくらいなのでしょうか?


昔ながらの和室が多い家では、天井高220cmが平均的でしたが、洋室の多い現代の住宅では平均的な天井高は240cm前後となっています。


高天井のメリット・デメリット
一般的に、天井が高ければ認識できる空間が増え、同じ大きさであっても広く開放的に感じることができます。
天井が低いと閉塞感や圧迫感があって居心地が悪いと感じますし、子どもの情緒性に影響が発生するという報告もあるようです。
しかし、天井が高ければ高いほど良いのかというと、高すぎるとデメリットが出てきます。
たとえば、高すぎる天井があると、建築時に大きなコストがかかったり、生活時にも冷暖房費のコストがかかったりと、費用面の問題が生じます。


費用面だけではなく、狭い部屋の場合は天井が高いと更に狭く感じてしまいます。
また、畳に直接座る和室では天井がさらに高く感じるため落ち着かないと感じることがあります。

<高い天井のメリット>
・空間を広く、開放的に感じる
・窓を高い位置に取り付けることで明るい空間になる

<高い天井のデメリット>
・建築時にコストがかかる
・冷暖房費のコストが増える
・狭い部屋の場合、余計に閉塞感を感じる



このように「天井は高ければ高いほど良い」というわけではなく、入居後の生活をしっかりとイメージして、間取や部屋に合わせて慎重に判断することが大切です。

どのくらいの高さが理想?
理想の高さは部屋や用途によっても異なります。
間取や立地等によっても異なりますが、一般的な理想の高さとされているものをご紹介します。

<LDK:天井高の目安245cm~>
広い面積を占めるリビングルームでは天井は高い方が開放感が出ます。
8帖以上であれば、天井高250cm以上あるとより広く感じられます。

<寝室・キッチン・トイレ:天井高の目安230cm~240cm>
天井が高いと落ち着かない、眠れないという人もいるようです。
また、狭い空間であるトイレは、天井が高いと壁が迫ってくるような感覚に陥るケースも。
標準的な240cmか少し低めの天井高が適しています。

<和室:天井高の目安225cm~240cm>
畳に座るスタイルの和室では、少し低めの天井がしっくりと来ます。
LDKに隣接している和室でも、和室空間だけ少し天井を下げることで空間にメリハリをつけることもできます。
また、天井を下げるだけではなく、小上がりにすることでちょうどよい天井高にすることも可能です。
→小上がりの和室を実際にご覧いただけます

いずれも部屋の大きさや照明器具、住む人の身長などによって最適な高さは変わってきますので、モデルハウスなどで事前にチェックして理想的な天井高を検討しましょう。

→松原SOUENでは1階天井高260cm~270cmを標準採用!